未分類

企業ロゴ作成の注意点

企業ロゴを作成する場合、どのような点に気を付ければ良いでしょうか?これから企業ロゴを作成する方は非常に悩まれる部分だと思います。デザインやイメージカラーなど考える部分は多いです。それでは、企業ロゴを作成する際にまず初めに考えなくてはいけないことは何でしょうか?これを言い換えれば、まず初めに軸を決めてしまえば、デザインやイメージカラーなどはある程度絞られてくるということになります。

ロゴ作成
引用元: ロゴ作成|Biz-Up!

みなさんはコーポレートアイデンティティという言葉をご存知でしょうか?略してCIと呼ばれるのですが、このCIは企業ロゴなどを使ってその企業のコンセプトや経営理念などを明確化し、その会社を知らない人が企業ロゴを見た時にその会社に対する認識を統一させることを意味します。このCIをまず初めに決めることで、その後のデザインやイメージカラーの構想がまとまってきます。また、このCIは対外的な意味合いを持つだけではなく、対内的にも大きな意味合いを持っています。

企業コンセプトや経営理念を企業ロゴに込めることで社内の人間もそのことを意識的に考えながら業務を遂行することになりますので、どの社員も共通認識を持つことで会社全体の結束力が生まれることになります。したがって企業ロゴを作成する場合にはこのCIをまず初めに決めることに注意して、企業ロゴを他社と差別化できるようにしましょう。

未分類

イメージカラー

色企業ロゴを作成する上でデザインと同様にどのような色を使用するのか?ということは非常に重要なポイントと言えるでしょう。それではなぜこの色がそこまで重要なポイントだと言えるのでしょうか?それは人間は同じデザインでも色によってその捉え方が大きく異なるからです。従ってこの色選びはとても大事なことなのです。

この色選びですが、専門用語で言うとコーポレートカラーと言われています。自分自身の会社が何をやっている会社なのか?そしてどのようなことをその企業ロゴを見た人に感じとってほしいのか?によって色は異なるのです。例えば、白色だとどのような印象を皆さんは持たれるでしょうか?一般的に白色は色の中でも最も清潔感がある色とされていて、透き通ったイメージを持つことが多いのでそのようなイメージの会社にとっては非常におすすめの色です。逆に黒色はいかがでしょうか?白色と同様に清潔感がある色と思われる方はまずいないでしょう。どちらかと言えば男性のイメージや夜などといったイメージを持つことが多いでしょう。

その他に赤色であれば情熱のイメージや食欲をイメージできる色ですので、飲食会社などには赤色は非常に多いです。このようにデザインは受け取る側にとって多少の捉え方のずれが発生してしまいますが、カラーは人間がそもそも持っている存在意識の中の問題ですので、ずれが非常に少ないです。従ってずれが少ない分、イメージカラーを間違ってしまいますと、イコール、会社が思っているイメージと異なってしまいますので、色を選ぶのは非常に大事なポイントとなるということになります。

未分類

企業ロゴの重要性

色企業ロゴを作成する場合、どのようなロゴを作成した方が良いのでしょうか?人間には色によって、そして見る人によって感じるものが違いますが、結果を言ってしまうとどのような企業ロゴを作っても最終的にはあまり変わりはありません。その会社の事業内容が優れていればどのような企業ロゴでも良いのです。

しかし、そんなことは言っても、いかに事業内容が優れていたとしてもその事業を知らない人にアピールできなければその力を発揮することができません。そういった意味で企業ロゴはまだ自社を知らない人にアピールする絶好のチャンスなのです。大企業を見てみてもロゴだけ見れば、その大企業がどのような事業を行っているかは容易に想像できますし、長い目で見れば、その企業ロゴがあるだけで商品や品質などその事業に携わるものが全て一般の消費者からすれば良しと認識され、企業ロゴはその企業のブランディングを形成する上で最適なツールと呼べるのです。

また、同じようなサービスなどを行っている企業同士では似たような企業ロゴが存在していることも多いです。そのような同業他社との差別化を図るという意味でもこの企業ロゴのオリジナル性は重要なポイントになってきますので、企業ロゴを作る時には様々なことを想定して作るようにして下さい。

未分類

企業ロゴについて

どんな会社でほとんどの会社は自社の企業ロゴを作成していると思います。逆に企業ロゴがない会社はほぼ活動していない会社と言えるかもしれません。そんな企業ロゴですが、そもそもなぜ企業ロゴは作らなければならないのでしょうか?企業する人など多くの人があまりそのような点については考えることがなく、無意識的に起業イコール、ロゴを作成しなくてはいけないという流れになっているのではないでしょうか?今回はそんな企業ロゴをなぜ作らなくてはいけないのか?という点について考えてみたいと思います。

企業ロゴ企業ロゴの大きな役割はその会社を一目でどんな会社か判断できるマークと言って良いでしょう。どんな会社も社名はありますが、社名だけではその会社を知らない人はどんなことを行っている会社なのかをなかなか判断することは難しいでしょう。しかし、ロゴであれば基本的にどのようなデザインでもOKですので、自社がどのような事業内容を行っているのかを簡単にPRすることができるのです。大企業も創業当社は中小企業ですので、多くの人に自社を知ってもらうことが必要だったのです。

人間は言葉で説明されるよりも視覚でその意味を捉える傾向がありますので、そのような意味では企業ロゴは一目で会社のトレードマークと事業内容が分かる最適なツールとなります。この点についてあまり深く考えることはありませんが、企業ロゴにはこのような意味が含まれていますので、これから起業する方など、企業ロゴを決める際には十分にそして慎重に検討した上で企業ロゴを作成するようにして下さい。